FC2ブログ

記事一覧

1日1食と「例外対応」をしたくなる時とは?

1日1食と「例外対応」をしたくなる時とは

■はじめに


1日1食実践時のゆる~いルールとは?」でお伝えしたように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践では、ストイックに、「1日1食」を固持するような必要はないと考えています。それは、
・社会全体が1日3食の食生活をしている中で「1日1食+野菜ジュース」の食習慣をする必要があるから
・1日1回の食事で、完全に必要な栄養・エネルギーが摂取できるとは限らないから
と言う理由です。
もちろん、この「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けるかどうか、また自身がこれを継続する事で何を実現したいのか、そう言った「意志」は自身の中にしか無い事ですので、どうやって自身をコントロールするかが、最終的な拠りどころとなります。
今回は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けながらも、不可抗力(どうしても昼食を食べなければならない状況)以外で、「例外対応(つまり1日1食以上食べる事)」をしたくなるパターンについて、3つお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.全体的に栄養・エネルギー不足の時

2.体調回復が必要な時

3.ストレスを感じた時

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■全体的に栄養素・エネルギー不足の時


先にも触れましたように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では、1日に1回しか食事、つまり栄養やエネルギーを摂取する機会が有りません。
毎日バランス良く、必要な栄養素が摂取できていれば問題ありませんが、厳密な栄養管理をしているのでなければ難しいと思います。
また、運動などでエネルギー消費量がかなり高くなった場合、それが体内の脂肪燃焼などに貢献するのではありますが、やはりどうしてもいつも以上にお腹が空いた感覚になる場合も有ります。
どちらの場合でも、夕食以外に食物を摂取したいと言う気持ちになります。
自身が「1日1食+野菜ジュース」の食習慣に何を求めているのか、にもよりますが、そこで「食べても良い」という自身の判断があれば、必要な栄養素・エネルギーを摂取すると言う目的で、夕食以外に、例えば昼食として、または間食として、食べる事になります。
この場合、身体が「足りない!」と警告を出しているようなものなので、できれば厳選してでも食べた方が良い結果になると考えます。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■体調回復が必要な時


1日1食と「風邪かな?」の時の対処方法とは?」でもお伝えしたように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践によってある程度の抵抗力がつくものの、万全では有りません。
ここでは「風邪の引き始め」の例でしたが、体調がすぐれない時、寝ることを優先して食事をしないで寝てしまう人がいます。
「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では、夕食を食べないと24時間以上ちゃんとしたエネルギー摂取をしない事になります。身体の回復のためには、やはりエネルギーが必要ですので、ちゃんと食べてから寝る事が必要です。
食欲が減退しているようであれば、調理方法を変える、摂取対象を変えるなどして、胃にあまり負担とならないような形で食べる事をお勧めします。
あとは、必要ならばサプリメント(栄養補助食品)を使用しても良いと考えます。

スポンサードリンク


■ストレスを感じた時


これは一番良くないパターンですが、ストレスを食欲で解消しようと思ってしまう事があります。酒に走るパターンもあるかと思いますが、ここでは食事のパターンを対象にします。
ストレスを感じると、副腎皮質から「コルチゾール」というホルモン、いわゆるストレスホルモンが分泌されます。
このコルチゾールは主に血圧上昇に作用して、全身の細胞でエネルギーやグルコースを産生します。ストレスによって障害を受けた組織にタンパク質を補充するのためです。つまり、コルチゾールを分泌して、ストレスによって受けたダメージを修復しようとするようです。
また、コルチゾールの過剰分泌によってレプチンが減少します。これによって食欲の抑制機能が低下し、満腹感を感じにくくなります。つまり、脳はストレスによる身体のダメージ修復のためにエネルギーを摂取しようとするのです。
ストレスの解消については、なかなか難しい問題ではありますが、メカニズムが分かったとしても食べてストレス解消するのではなく、別の方法で身体のダメージ回復を図る方が賢明だと思っています。
もし「食べる」と言う判断をした時は、食べる内容や量、後日のリカバリ(調整)まで考えた上で食べる方が良いと考えます。
私の場合、食べるとちょっと幸せな気分になれる「甘いもの(チョコレートなど)」を少しだけ食べる事で、この食欲に対しては何となく回避できるようになっています。加えてストレスの根本原因まで除去できれば良いのですが・・・そんな”甘く”はないですね。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では、それが不可抗力であれ、エネルギー摂取のためであれ、ある程度(「1日1食」の前提が崩壊しない程度)の「例外」対応はあっても良いと思います。
このような「習慣」は、継続が途切れると嫌になってやめてしまいがちです。もし途切れたとしても、それは気持ちの弱さとかではなく「例外」対応である、と考えれば、また継続する意欲も戻ると思います。
冒頭で紹介した記事にもあるように、「1日1食+野菜ジュース」は苦行でも修行でもありませんし、ダイエット法(の目指す方向)とも少し違います。ただ、その効果は続けて行くことでしか得られません。
私が「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を継続できているのは、このゆるさがあるからです。自分ががんじがらめにするようなルールでやっていたら、たぶん続かなかったと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング