記事一覧

1日1食と「おすそ分け」お菓子への対応とは?

1日1食と「おすそ分け」お菓子への対応とは

■はじめに


会社で仕事をしていると、よく「どこどこへ行ったお土産」とか「取引先からの手土産・お中元・お歳暮」「退職する人からのお礼」など、お菓子が「おすそ分け」されるようなケースがあると思います。
私はあまり旅行に行ったりするタイプでは無いですが、もらう事ばかりだと、さすがに旅行へ行った時には「何か買って帰らなきゃ!」と言う気持ちになります。
「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、この「おすそ分け」されたお菓子は・・・「間食」と言う扱いになってしまいますね。しかも当然のことながら、お菓子ですので、糖質(炭水化物)がたっぷりです。
今回は、このような「おすそ分け」されたお菓子をどのように考えるか、3つのポイントについてお伝えします。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】
1.「間食になるから」と頑なになる必要はない

2.ありがたくいただいておく

3.それでも食べるのが嫌なら、自宅に持って帰る

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■「間食になるから」と頑なになる必要はない


「お菓子」の主成分となる糖質(炭水化物)は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣にダイエット効果を求めている人には気になる栄養素ですし、健康向上効果を求めている人には、血糖値に関わってもきます。アンチエイジング効果を求めている人には、「シワ」や「シミ」の原因の1つとなるとも言われています・・・まあ、このようにネガティブに考え出すとキリがありません。
「おすそ分け」ではそんなに大量のお菓子がもらえる訳ではありませんし、だいたいが一口二口で終わってしまうような量だと思います。ですので、「糖質だから」と頑なになる必要はないと考えます。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■ありがたくいただいておく


特に「1日1食+野菜ジュース」の食習慣のダイエット効果を求めている人には、「これを食べたらはずみがついて・・・」みたいに思うかもしれません。
食べた後の事はその時に考えて、選択していけば良いと思います。せっかく配られている時に、あれこれ考えても仕方ないです。
「おすそ分け」は職場内のコミュニケーションを円滑にする役割もあります。ムゲに受け取りを拒否すると、あとで人間関係に影響が出るかも知れません。
とりあえず、笑顔でありがたくいただいておきましょう。

スポンサードリンク


■それでも食べるのが嫌なら、自宅に持って帰る


無事に受け取っても、「やっぱり・・・」と思う場合もあると思います。
「おすそ分け」は、どんな物かにもよりますが、その場で食べる必要はありませんので、食べる事を躊躇した時は、こっそり自宅へ持って帰り、食べる事を先延ばしにすれば、その場での悩みは解決します。
ただし、ケーキなどを配られた場合は持ち帰るのが難しいかもしれませんが、なかなかケーキをピースで配られるようなケースは少ないと思います(これは私自身の経験上だけの話です、ドーナツは配られた事はありますが)。
自宅に持ち帰れば、あとはどうしようと勝手です。家族にあげても良いですし、誰も食べないなら・・・もできなくありません。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


私は元々、あまりお菓子を食べない方です。子供の頃は、お菓子の代わりにりんごやみかんなどの果物をよく食べていました。しかも、皮をむいたり切ったりする必要のある果物は、自分で包丁を持ってやっていました。
親は「食べたければ自分でやれ!」と言うタイプでしたので。おかげで包丁の使い方は比較的早いうちからマスターしました。
今となっては親に感謝、ですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング