FC2ブログ

記事一覧

1日1食と米を食べることとは?

1日1食と米を食べることとは

■はじめに


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣にダイエット効果を求める人は、たとえ1食分しか食べないとしても、「糖質」の摂取については気を使うのではないかと思います。
やはり日本人の主食は「米」ですし、外食が多い人については、以前よりも糖質制限のニーズに対応している店は増えてはいるものの、やはり「ご飯」「ライス」「パン」を外すことはなかなか難しいと思います(残すのはもったいないですし)。
もし「ご飯」や「パン」を回避できたとしても、「うどん」も小麦粉が原料ですし・・・かたくなに糖質の摂取を避けると可能な食事の幅が逆に狭くなってしまいます。
今回は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣と、特に「米」を食べる事について、3つのポイントをお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.「米」はロカボ(糖質制限)の悪の親玉?

2.「米」に含まれる栄養素や成分

3.「1日1食+野菜ジュース」と「米」を食べる事の関係

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■「米」はロカボ(糖質制限)の悪の親玉?


ロカボ(糖質制限)は、すっかり流行語のようになっていますね。
糖質はブドウ糖に変換されますが、エネルギーとして消費されず、かつ肝臓や筋肉にも蓄積されなかった余剰分は中性脂肪として内蔵に蓄積されるため、糖質の摂り過ぎはメタボ(メタボリックシンドローム)の原因となります。
また、糖質は血糖値を上昇させるため、食後高血糖や極端な血糖値の上下動が起きやすい人にとっては、血管を傷つけたり心臓病や脳梗塞などのリスクを高めることにもなります。
ダイエットをしている人にとっては、糖質をなるべく食べないよう、家でも外食時でも、主食の「米」をできるだけ食べない取り組みをします。ただし1日3食全てで「米」を避ける事はなかなか難しいとは思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■「米」に含まれる栄養素や成分


「米」に含まれる栄養素は、実は炭水化物だけではありません。主成分はもちろん炭水化物ですが、たんぱく質、亜鉛やマグネシウムなどのミネラル分、ビタミンB1やB2と行った栄養分も含まれています。
それと、食物繊維そのものは若干含まれていますが、それよりも、「米」に含まれているデンプン、つまり炭水化物の一部は、水を加えて加熱調理をすると化学構造が変化して消化ができない形への変化が起こります。これが水溶性の食物繊維と同様の働きをします。
つまり、「米」を炊くことで、水溶性の食物繊維を含む食べ物になります。
水溶性の食物繊維は余分な脂質の吸収を抑える働きがありますので、コレステロールが高くなるのを予防してくれることになります。

スポンサードリンク


■「1日1食+野菜ジュース」と「米」を食べる事の関係


1日1食と糖質制限の必要性とは?」でお伝えしたように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によって、1日に摂取する主食(米や小麦)の量は単純に半分から3分の1程度になり、自然に糖質制限ができている状態となります。
1日に1回しか食べ物から栄養を摂取する機会がないのですし、「米」に含まれる栄養素や成分に着目して、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の中では、食べ過ぎない程度に食べても良いと考えます。
もちろん、食後血糖値が高くなる(血糖値スパイク)人は、医師と相談の上、「食べて良いかどうか」「どの程度まで食べて良いか」を決める必要があります。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


私は「例外」対応をする時、ライスは注文しないで代わりにサラダやソテーなどの野菜を食べるような事もします。その時は単純に「米」を食べたくないと思うからです。身体が自然と避けているのかも知れません。
なお私は、夕飯時はほとんどの場合「米」を食べていますが、この食習慣で健康診断の結果が改善していると言う事は、この食べ方で問題ないと言うことを表していると言えます。(空腹時)血糖値を除いては、ですが。
次回のかかりつけ医の診察時に、この間の健康診断の結果を持っていきますので、血糖値については相談する予定です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング