記事一覧

1日1食と貯金との関係とは?

1日1食と貯金との関係とは

■はじめに


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、単に2食分を食べなくなるだけだけではありません。お菓子などの間食もあまり食べたいと思わなくなります。
仕事中でも休みの日でも、近くには必ずお茶や水などの水分が常備されていて、食べると言う行為の代わりに「水分を摂取する」事が多くなります。
また、夕食時には何を食べてもOKですので、晩酌が日課になったりもします。ただし晩酌は1日1食の食習慣になる前からしていますが・・・。
このように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣になったことによって、純粋に「食べる」と言う事が少なくなりますが、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によってどれだけ主に食費への出費が減るのでしょうか。今回も3つのポイントについてお伝えします。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】
1.「食べ物」以外への出費が多くなる

2.「こだわり」を加えるための出費が多くなる

3.「貯めよう」と言う意志の有無の問題

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■「食べ物」以外への出費が多くなる


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によって、確かに2食分の食費は浮きます。
私は世のお父さん達と同様にお小遣制で、昼食代は自身のお財布から出しますが、この出費が無くなるのは確かです。
ただし、それ以外の例えば昼食時に飲む野菜ジュースや飲むヨーグルト、仕事中や自宅で飲む烏龍茶やミネラルウォーターへの出費があります。水分についての出費は以前からもありましたが「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を始めてから、水分摂取量が多くなりました。
もちろん晩酌の酒類や肴の類も私のお財布から出て行きます。
実は昼食代の代わりに、「1日1食の食習慣を支えている物」に対しての出費が多くなり、お金の節約にはなっていません。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■「例外」対応への出費が多くなる


1日1食の食習慣を始めてから、時々休日にビーフステーキが食べたくなることがあります。これは身体が要求している事なので仕方ないと考え、「例外」対応として昼に食べますが、通常の食事の範疇ではないので私のお財布から出しています。
このような1日3食の食生活ではあまり発生しなかった出費も発生しています。
その他「例外」対応として食べたくなるものは、サラダが食べたくなる事や蕎麦が食べたくなる事があるくらいで、あまり多岐には渡りません。出費はこの程度で抑えられているとも言えます。

スポンサードリンク


■「貯めよう」と言う意志の有無の問題


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣になって1日1食しか食べたなったとしても、それに代わる部分の出費があり、また食事以外の部分に「こだわり」を持ったりすると、どうしても今までよりも出費が増えることになります。
食事の回数が減ったから自然にお金に余裕が出るわけではなく、やはり意識的に「貯めよう」「出費を抑えよう」としなければお金は貯まらないですね。さらに、食費関係が抑えられたとしても、その分食費以外の出費に回ってしまいますよね。
世のお父さん達はどのようにして出費を抑えながらやりくりしているのでしょうね・・・。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


現在、お小遣いの出費抑制・貯金推進のために、500円玉で溜める貯金箱を買って、お釣で500円玉ができたら、貯金箱に入れるようにしています。どれだけ抑制できるかを「見える化」するため、また貯金箱に入れることでむやみに使えないようにするためにやっています。
今までこのような事はほとんどやっていませんでしたが、貯金箱がだんだんと重くなっていくのは楽しいですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング