記事一覧

1日1食と他人への実践の勧め方とは?

1日1食と他人への実践の勧め方とは

■はじめに


先日、ある人から「1日1食なんてまるで仙人だ!」と言う要旨の話をされました。私が「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していることを誰かから聞いて、そんな話をしたようです。
1年半以上実践している本人からすれば大したことはしていませんが、他人からすれば、1日に1食しか食べないのはまるで修行のような感覚に思われるようです。それだけ実践にハードルが高いと感じているのかも知れません。
今回は、もしこの「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践を他人に勧める時、どのような点をアピールポイントにしたら良いか、3つのポイントをお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.考えているよりも無理なくできる

2・厳密には1食ではない

3.夜は何を食べても良い

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■考えているよりも無理なくできる


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣について話をすると、まず開口一番「お腹は空かないの?」と言われます。これには「お腹が空くのは耐えられない」と言う感覚が含まれるようです。
確かにお腹が空いてくるとイライラしたり集中力が途切れたりする場合があります。私も最初から1日1食にせず、昼食を食べない事から始めて、少し時間をかけて食事の回数を減らしました。
誰だって、やはり「いきなり」始めるのは無理があると思います。身体が適応するように徐々に変えていく事で1日1食に合ったお腹の空き方になっていくと話すと良いと思います。
また、適応期間中、まだ習慣化出来ていない時は、間食として若干の糖質を摂取してお空腹感を緩和するのもアリだと話すと、そんなに厳密ではないと感じてもらえると思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■厳密には1食ではない


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践することは、頑なに朝食や昼食、間食を一切摂らないというイメージがあるようです。
実際にはそこまでストイックになるのは、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を継続する上では必要ありません。
朝や昼にどうしても食べたいと思うこともあるでしょうし、会食など回避できない事もあるでしょう。そんな時は「例外」対応として食べてしまって良い事にしていると話すと良いと思います。
ただし、頻繁に「例外」対応を発動する訳にはいかないので、必ず「自身で意思決定する」ことが今まで以上に大切になることも話した方が良いと思います。

スポンサードリンク


■夜は何を食べても良い


1日1食の食習慣の中での最大の楽しみは「夕飯」です。
この夕飯については、何を食べてもOKしていて、かつ酒を飲むのもOKであると話をすると良いと思います。
また、これがダイエットとは異なる点であることも強調した方が良いでしょう。
ただし、1日に1回の食事のチャンスしかなくなるため、栄養のバランスを一層考えて食べることが必要になることと、食事へのこだわりも少し強くなるため、エンゲル係数が高くなるかも知れないことも話すと良いでしょう。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


このような、社会的に一般的ではない事をしている人は、ちょっと興味を持たれます。もしかしたら「私には無理」と言うことを確認したいのでしょう。
しかし、100%健康体と言う人は稀で、誰でも何かしら、気になる事や心配な事は持っていると思います。
「1日1食+野菜ジュース」の食習慣はダイエット効果に目が行きがちのようですが、その他の部分、健康向上効果やデトックス効果と言った部分を強調してあげれば、もしかしたら「お仲間」ができるかも知れませんね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング