FC2ブログ

記事一覧

1日1食と生活習慣病の予防とは?

1日1食と生活習慣病の予防とは

■はじめに



昔は「成人病」と言われていたと思いますが、最近はすっかり「生活習慣病」と言う言葉に変わっていますが、どちらにしろ、日常の生活習慣が発症・進行に関連している疾患の総称です。

「1日1食+野菜ジュース」の食習慣には、ダイエット効果やデトックス効果、アンチエイジング効果があると感じていますが、これらによって健康向上が実現されているという面もあります。

今回は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣と、この「生活習慣病」の予防について、3つのポイントについてお伝えしたいと思います。


【コンテンツ】

1.生活習慣病とその原因

2.1日1食による食習慣の改善効果

3.食習慣と運動習慣

それでは順番に見ていきましょう。


スポンサードリンク



■生活習慣病とその原因



人間の三大死因は「癌」「心疾患」「脳血管疾患」ですが、それらの下地になるものは「脂質異常症」「高血圧」「高尿酸血症」「糖尿病」とされています。確かに健康診断の検査項目にもこれらの数値を見る項目はありますね。

私の場合、これは以前にも経験したことですが、体重が増えると、それに関連して血液検査の数値が悪くなります。

一度でもちょっと太り気味になった経験のある人であれば、うなづいてもらえるかも知れません。

社会人になり、年齢を重ねていくと、若い頃に比べると自然に代謝が低下しますし、意図的に運動をしないと運動量も減ってしまいます。

そのような生活の変化があっても、以前と同じ様に食べていては、エネルギー摂取が過剰となり、消費されないエネルギーが体内に溜まることになります。

そこから様々な身体的な影響が出てくると考えます。


■1日1食による食習慣の改善効果



「1日1食の食習慣を実践していくと摂取カロリー不足になるのでは?」と思われる人が多いですが、夕食は何を食べてもOKとしていますので、そこである程度のカロリー摂取は出来ています。

とはいえ、1日3食の食生活と比較すれば、摂取カロリー量は減ります。

ただし、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けて行く中で、何か自身の身体に悪い変化は起きていません、良い変化の方が多いです。

また、体内に溜まった「エネルギー」が正しく消費されていることが、血液検査の結果からも見て取れます。

つまり、現在の私にとっては、1日3食は過剰摂取であった事が分かります。

「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によって、自身が本来あるべき食習慣に改善できたと言えるとも考えます。

スポンサードリンク


■食習慣と運動習慣



「1日1食+野菜ジュース」の食習慣には、自身の正しいエネルギー摂取と消費を習慣化する効果がありますが、食べる事を変えるだけでは、やはり不十分だと思います。

全身の筋肉を維持向上するのも、それを支える骨を強くするのも、それから代謝の向上のためにも、やはり適度な運動が必要です。

特に1日中座っているような仕事をしている人には、意識的に運動をする事が必要です。使わないと確実に筋肉も骨も弱くなります。

運動とは言っても、別にフィットネスクラブに行ったりしなくても、できる事はあります。

15分くらい少し早足で歩くだけでも、ある程度の全身運動になります。

「XX分以上やらないと効果がない」と言うような事にとらわれず、できる事からやるのが良いと思います。

始めると「もっと!」の気持ちが出てくることもあります。


■終わりに



私の場合、「血糖値」と「尿酸値」はまだ基準範囲より若干上回っています。

かかりつけ医では、漢方薬を処方されている事もありますが、健康管理の一環として、定期的に血液検査をしています。

1食の食べ方や食べる内容を工夫していけば、1年後の健康診断を待たずに「途中経過」「試行結果」を知ることができますので、運動も含めて考えてきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング