FC2ブログ

記事一覧

1日1食と「分かりやすい身体」になる事とは?

1日1食と「分かりやすい身体」になる事とは

■はじめに



「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、身体が発するサイン、これは良いサインと悪いサインの両方がありますが、こういったサインに気付きやすくなります。

1日3食の食生活の中でも、そういったサインは出ていたのかもしれませんが、食べると言う行為、消化すると言う行為などが前面にあったために、かき消されてしまっていたのかも知れません。

そして、特に悪いサインについては、「発病」「体調不良」と言うような形で顕在化するまで気付けなかったように思います。

初期の段階で対処ができていれば、例えばちょっとの休息で解消できていた可能性があります。

「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を通じて、具体的に身体からどのような「サイン」が出ていると分かるようになるのか、今回も3つのポイントについてお伝えします。


【コンテンツ】



1.体調の変化に気付きやすくなる

2.身体に不足している物が欲しくなる

3.食べる事に対して、自動的に抑制効果が働く

それでは順番に見ていきましょう。


スポンサードリンク



■体調の変化に気付きやすくなる



「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、この「体調の変化」については、本当に気付きやすくなります。

自身の身体の事について敏感になるようです。

これはもちろん、病気や体調不良の前段となるような「悪い」体調の変化だけでなく、いわゆる「好転反応」のような、比較的「良い」体調の変化にも気付きやすくなります。

「悪い」体調の変化に気付いた時には、できるだけ風呂で身体を温めて、睡眠時間を多く取る様にします。

そうすると、体内にある自己修復機能が働いて、翌日には回復している事が多いです。

「良い」体調の変化も、最初は「悪い」体調の変化のように感じます。

ただ、身体に対する「辛さ」のような感覚が、「良い」体調の変化の場合にはあまり感じません。

例えば「単純にだるいだけ」のような感覚です。

「良い」体調の変化の時も、「早めに寝なさい」と言うサインだと思って、睡眠時間を多く取る様にしています。


■身体に不足している物が欲しくなる



これは、他の記事でもお伝えしていますが、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では、1食しか食事をする機会が有りません。

そのため身体が発する「これが不足している!」というサインが、「これが食べたい!」と言う欲求に変化するようです。

その欲求は、夕食前に感じる事もありますし、朝食や昼食の時間帯に合わせたように感じる事もあります。

夕食以外で欲求を感じた時には、考えた結論として、「例外」対応として必要な物を食べる事が有ります。

なお、栄養素だけでなく、睡眠時間や休息時間についても身体から要求される事があります。

寝る時間より前に無性に眠くなる事もあります。

スポンサードリンク


■食べる事に対して、自動的に抑制効果が働く



「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では、食べる内容について選択や検討が必要な時があります。

常に「食べる」事について頭を使うようになるためか、例えば「食べたい!」と言う欲求に対して冷静に耳を傾けることができますし、それから食べる量や種類などの内容について、自分の中で折り合いがつけられるため、無意味に大食となる事がありません。

「1日1食+野菜ジュース」を実践していると、本当に「暴飲暴食」を一切しなくなりますし、「食べ過ぎ」となる前に、自動的に食べる事を抑制するようになります。

かと言って、特に食べる事に対してナーバスになったりストイックになる事もい有りません。


■終わりに



「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を始めて、まだ1回しか冬を経験していませんが、本当に風邪(鼻風邪や喉の痛みを含む)を引かなくなりました。

また、自身が自身の身体に対して、食べる事について無理をさせなくなりました。

最近、これは2週間ばかり晩酌をやめて感じるようになった事があります。

私はもともと肩こりがひどくて、マッサージもあまり効かないのですが、このところ、肩こりが何となく「解ける」ような感覚、「ジワー」という感覚が出てきています。もちろん、肩が少しだるいです。

右の肩がが「五十肩」気味な事もあり、布団の上で両肩のストレッチや肩回しをしています。

また、晩酌は以前より酒の量も肴の量も減らした状態で、1日おきに飲むように変えています。

この肩こり、何かしら結果が出ましたら、また機会を作ってお伝えしたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング