FC2ブログ

記事一覧

1日1食実践時の生活上のメリットとは?

1日1食のメリット

■はじめに


「1日1食+野菜ジュース」を実践していると、体重管理や健康管理の面はもちろん、生活面でも変化が出てきます。今回は、1日1食にすることによる生活上のメリットについてお伝えしていこうと思います。私が考えるメリットは、次の3つです。




1.ランチの行列に並ばなくて良くなる
2.昼の時間を有意義に使える
3.「食べることのありがたみ」を感じるようになる

それでは1つずつ見ていきましょう。

■ランチの行列に並ばなくて良くなる


昼食を主に外食で取る人の場合、昼食時はどこの店も必ず混んでいで、行列に並ぶ必要があります。
並ぶのが嫌で、コンビニ弁当や店頭で販売している弁当を買うようになると、これが毎回決まったような物になって、楽しくない。私が以前、外で買ってくる弁当ばかりを食べていたことがありましたが、その時には、結局、3~4種類の弁当を何度もローテーションしていました。
「1日1食+野菜ジュース」では、ランチの行列に悩まされることは無くなります。ただし、外食をする時、食べたいと思うものがたくさんあって、今までよりも悩むようになりました。

■昼休みに仮眠や読書ができる


別の記事「1日1食実践時のお昼休み(休憩時間)の過ごし方とは?」にも書きましたが、昼休みの時間を、食べること以外に使うことが出来るようになり、私は以前より読書量が増えました。

スポンサードリンク


■「食べることのありがたみ」を感じるようになる


食事は実質1日1回であるため、食べた時の「幸せ感」のようなものが以前に比べて増したように思います。何となく食わず嫌いな物も食べてみようと思ったり、食べたいと思う物がたくさんあると感じられることが、とてもありがたいと思うようになりました。
何を食べたいかを絞る事に悩むのが、1日3食の食習慣をしている時には、なかった感覚です。

■終わりに


食に関しての思いや考え方は人それぞれです。
でも新しい習慣を身に付けることで、新しい思いや考え方が生まれてきて、今までの考え方がちょっと変わってくる可能性だってあります。
食に限りませんが、新しい事をやってみるのは、とても興味深いですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング