記事一覧

1日1食の実践と心理的な変化とは?

1日1食の実践と心理的な変化とは

■はじめに


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けていると、たぶんこの習慣を続けているからだと思いますが、心理的なゆとりが生まれてきたように思います。
食べる事に追われたり悩んだりする機会が減り、また「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によって身体の調子が良くなった事で、少なくとも食に関しては自身でコントロールが出来ているので、そういった事で心理的なゆとりが生まれている可能性があります。
もちろん仕事など、自分だけではコントロールできない事もたくあんあります。でも何か1つでも自分でコントロールできる事があるだけで心に余裕が出でくるようです。
今回は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によって、どんな心理的な変化が生じてきたかについて、3つのポイントをお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.生命力(バイタリティ)が向上した

2.「魔の時間帯」に眠気を気にしなくて良くなった

3.集中力が向上した

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■生命力(バイタリティ)が向上した


生命力(バイタリティ)について、何か数値的なもので表現はできませんが、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、ハツラツとした気持ちで満たされます。
内臓の調子も良くなることで基礎代謝も向上して体温も上がるため、それが機敏に動く原動力になっているかも知れません。
また、身体の抵抗力(免疫力)も向上するので風邪も引きにくくなるので、より活動的になることが出来るようになります。
これらが合わさることで、結果として生命力(バイタリティ)そのものが向上したように感じている可能性があります。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■「魔の時間帯」に眠気を気にしなくて良くなった


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では、昼食は食べません。そのため、昼食後から忍び寄ってくる眠気との戦いの時間帯、ある「魔の時間帯」に眠くなることはほぼありません。
そのため、眠気と戦うための余計な心身のエネルギーを使う事もなくなるので、そのエネルギーを他の活動に回すことができるようになります。また、眠気による脳の活動の低下(思考力の低下)も回避できます。
午前中に引き続き午後も精力的に活動できる心身の状態になりますので、心理的にイニシアチブを持って物事に当たれるようになります。

スポンサードリンク


■集中力が向上した


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によって、何となく脳の働きも活性化したように思います。その1つとして、集中力が以前に比べて向上したように感じています。
それは、体調の改善、体調の改善による心理的な安心感、昼間はエネルギーを消化に回す必要がない、眠気と戦わなくて良い、などの「1日1食+野菜ジュース」の食習慣によってもたらされた良い部分が組み合わさったことにより、向上したのではないかと思います。
気付くと「あ、もうこんな時間!」と思う事が増えました。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


集中力が向上したとは言っても、なるべく1時間に1回など、休息(ホッと一息つく)時間を設けるようにしています。
今はパソコンに向かって仕事をする事が多いと思いますが、集中力に任せて長時間パソコンの画面を見続けるのは、やはり眼にとっては良くありません。眼が疲れてくる(眼精疲労)と、頭痛や肩こりの原因にもなります。
人間が本当に集中できる時間は15分程度だそうです。そう考えると、長時間集中しているのは、実は心身にとっては無理をしているのかもしれませんね・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング