FC2ブログ

記事一覧

1日1食と健康診断前のささやかな「チャレンジ」とは

1日1食と健康診断前のささやかな抵抗とは

■はじめに


先日年に1度の健康診断を受診して来ました。この年齢なので「1日人間ドック」のメニューで、大体2時間くらいかけて検査項目を消化します。
毎回思うのですが、バリウムを飲んでやる胃のX線検査、あれは辛いですね。バリウムを飲むのもいやですし、飲んだ後、下剤で出すのもいやですね。1人1人内視鏡で検査するのは時間もかかってしまうので、仕方ないのですかね・・・。
今年は、健康診断を受診するにあたり、ちょっとした「チャレンジ」をしてみました。それが健康診断の結果にどう影響するかはわかりませんが、ちょっとの期間で目に見える結果がありました。今回はそのささやかな「チャレンジ」について3つのポイントをお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.初めて1週間晩酌を止めてみた

2.運動量を少し増やしてみた

3.体重が若干減った

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■初めて1週間晩酌を止めてみた


私は無類の酒好きと言うわけではありませんが、ほぼ毎晩、最近ではハイボールの500ml缶を1本、夕飯前に飲んでいます。
今回、ささやかな抵抗という訳ではないのですが、半ば好奇心のような気持ちで「1週間酒をやめてみたらどうなるかやってみよう」と思い、実行してみました。
私は晩酌をする時、必ず自前で調達した酒の肴と一緒に酒を飲みます。肴の内容も、時によっては十分に夕飯のおかずの一部となるような、少し重めのものも食べたりします。
酒を飲まないと、自動的に酒と一緒に食べていた肴も食べなくなりますので、夕食としてのエネルギー摂取量は、酒の分を含めて、減少します。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■運動量を少し増やしてみた


晩酌をしなくなると、その分の時間に余裕が生まれます。また、夕食後に車の運転もできます。
以前、私はいわゆる競技ボウリングをしていることを書きましたが、このタイミングに合わせて、練習に行く日を週に1回から2回に増やしてみました。
練習は平日の夜も行くことになるため、仕事をさっさと終えて帰ってくる必要があります。また、行けば10ゲームくらいは練習してしまうため、帰宅時間が遅くなります。なので、毎日やるべき事はできるだけ帰宅後に片付けてしまい、寝るのが遅くならないようにする必要があります。
毎日帰宅時のウォーキングとあわせると、1週間にする運動量は増えることになります。

スポンサードリンク


■体重が若干減った


エネルギー摂取量の減少と運動量の増加、「入」が減って「出」が増えたことになりますので、体重は減少しました。夕食前の体重で約1Kg減りました。まあ、体重としては誤差の範囲なのかも知れません。
ダイエットをするかの様に「食べる量を減らす」「運動をする」を行うと、やはり効果はあるのですね。
体重の増減も大切ですが、一番大切なのは「中身」。血液検査の結果やエコー検査の結果が1年前とどう変わったのか。健康診断の結果は約2週間程度で手元に送られてくるそうです。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


1日1食とはあまり関係がありませんが、今回初めて、脳のMRIを自費でやってみました。MRIってとてもうるさいのですね。防音のヘッドフォンを付けて検査しましたが、それでもかなりうるさかったです。
MRIは、確か磁気を使って脳の画像を撮影する仕組みだったと思いますが、MRIをやってから、何故か両肩の様子が変なんですよね。私は肩こりがひどいのですが、まるでマッサージの揉み返しのような感じがしています。
磁力線によって肩の血行が促進されたのでしょうか・・・不思議な感じです。少し様子を見てみます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング