記事一覧

1日1食の実践と体重の変化を記録する効果とは?

1日1食の実践と体重の変化を記録する効果とは?

■はじめに


「体重計ダイエット」って知っていますか?朝と夜の2回、体重を計ってグラフにするダイエット法の1つのようです。
もちろん、体重を計るだけでは体重が減るわけはありませんので、他のダイエットや運動と併用しながら、体重の変化を「見える化」する物のようです。
この「見える化」は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣でも役に立ちます。体重の変化も、それから健康診断の結果も該当します。今回は、1日1食を実践する中で、この「体重の変化」を記録することの効果について、3つのポイントに絞ってお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.1日4回体重を計る

2.結果を見て「気付く」

3.「気付き」をフィードバックする

それでは、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■1日4回体重を計る


先ほどの「体重計ダイエット」では、1日2回、体重を計って記録するとご紹介しました。
他の記事で何度もお伝えしていますが、私は「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を減量のために始めたのではありません。ただ、体重の変化は、実践状況の1つの基準になります。
私は、現在は記録をしてはいませんが、1日4回、体重を計っています。それは、
・起床直後
・帰宅直後
・風呂から出た直後
・寝る前
の4回です。
起床直後は、昨夜に摂ったものがまだ体内にある状態です。寝る前と比較してどうかを見ます。
帰宅直後は、1日の中で一番体重が減っている時です。この時の体重を比較の基点にします。
風呂から出た直後は、夕食を食べ、お腹も落ち着いたタイミングです。帰宅直後と比べると、意外に体重が増えています。
寝る前は、翌朝の体重と比較するために計ります。
なお、ウォーキングやランニングなどの運動を取り入れている人は、運動前後の体重を計って比較してみるのも良いと思います。
このように比較するポイントを複数持つことで、1日1食の実践とそれに関連した取り組みに対する効果が見えるようになります。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■結果を見て「気付く」


ある程度、計測データがたまってくると、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践してきた途中経過が見えてきます。グラフをつけているのであれば、右肩下がりになっていれば順調のような感じがしますし、右肩上がりになっているのは、1日3食の食生活に比べて1日1食の食習慣では、摂取するカロリー数が減っているはずですので、何か方向性が間違っているのかも知れません。
あと、注目する点は、「どういう時に体重が増え、どういう時に体重が減るか」です。
その日によって食べる量も内容も異なりますし、もし同じようなものを食べたとしても、食べる時間帯やその後の行動が違う可能性があります。ついでに、その日の体調や心理状態なども一緒に記録しておくと、また別の観点で考えることできます。
このように、「数値の見える化」によって、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践を実践する中で自身がどのように「振舞えば」良いのかについて、何となく気付くようになります。少なくとも、「ヨシヨシ」か「マズイな」くらいは判別できます。

スポンサードリンク


■「気付き」をフィードバックする


体重の変化を記録して、何かに「気付いた」のであれば、それを「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の中に取り入れてみます。
ただし、「体重が減らないから、今後、夕食の食べる量を極端に減らす」みたいな事は、身体への負担が大きいと思いますので、あまりお勧めしません。
方法としては、その「気付き」、例えば「もう少し運動量を増やしてみよう」とか、「脂っこいものをしばらく控えてみよう」とか、「つい夜食を食べてしまうのをやめてみよう」とか、それが正解かどうかは後回しにして、まず実践する内容のアイデアを出し、それを実行してみます。やってみて効果がなれば別のアイデアを考えれば良いです。
このように、「仮説検証」のような事をやってみれば、自身の1日1食の実践の具体的な方法が固まって来ると思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


「仮説検証」とか「PDCA(計画・実行・評価・改善)」とか「カイゼン」とか、仕事で嫌になるくらい聞かされているかも知れませんが、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣だけに留まらず、様々な面でもこれらの取り組みは必要だと思います。
せっかく続けてきたことを、単純に「やってみてダメだった」で終わらせるのは、1日1食の食習慣だけでなく、ダイエットや運動でも、非常にもったいないです。いろいろと工夫して、あれこれ考えることを楽しみながら、続けていきたいですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング