FC2ブログ

記事一覧

1日1食の実践が続く環境とは?

1日1食と実践が続く環境とは

■はじめに


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けるのは、最終的には本人の気持ちですが、やはり1人でいくら頑張っても、自身の置かれている環境によっては、断念せざるを得ない時も出てくるかもしれません。
私は幸運にも、現在までずっと続けている事が出来ていますが、それは、続けられる環境を作り、維持することができたからだと思っています。
「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けて行くには、どのように「できる環境」を作っていけばよいでしょうか。今回も3つのポイントについてお伝えします。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.家族の協力を得る

2.「一緒」の状態を減らす

3.習慣化できるサイクルを作る

それでは、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■家族の協力を得る


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣が続けられる環境を作るためには、絶対的に家族の協力が必要です。
家庭の中で自分だけ1日1食、つまり他の家族とは異なる食習慣を行う訳ですから、朝食と昼食は自分の分は作らないように言い続け、それが当たり前になってもらう必要があります。
それから、夕食についても、今までよりボリュームを多くしてもらったり、食卓に並ぶ食事の種類を増やしてもらったりする必要もあります。もしそれが難しいなら、自身で調達することも言っておかなければなりません。
「今日から朝食と昼食が不要になる」と言って、変に気分を害されないよう、「なぜそうするのか?」などきちん説明をして協力を得ないと、なかなか続けられないと思います。
それから、何も言わずにいきなり始めると、たぶん体調を心配されると思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■「一緒」の状態を減らす


「連れ××」と言う言葉があるように、何人かで連れ立って行動をすると、どうしても昼食をたべなきゃいけないような状態になる可能性があります。また、夜には、酒やグルメに付き合ったりしなければならなくなる事だってあります(ちなみに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣では飲み会はOKです)。
1日1食実践時のお昼休み(休憩時間)の過ごし方とは?」でもお伝えしたように、昼休みは集団・グループとは別行動を取る、夜は「甘い誘い」を断る、といったように、「誰かと一緒」という状態を減らしていけば、自分で環境を作りやすくなります。
もちろん、「1日1食の食生活を実践している」と言うことをオープンにすると、さらに環境は作りやすくなります。

スポンサードリンク


■習慣化できるサイクルを作る


自分自身で「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践できる環境を作っていく中で、なるべくいつも決まった事を決まった時間に出来るようにするのも、環境、というより自分自身が実践しやすい状況を作る方法の1つです。
仕事をしている以上、人によっては難しいかもしれませんが、その中でも自分がコントロールできる時間帯、朝の時間や昼休みであれば、コントロール可能ではないかと思います。
例えば私の場合であれば、朝起きてから出かけるまでの間、だいたいいつ頃に何をするか、例えば朝起きてすぐに水を飲む、体重を測る、血圧を計る、サプリメントを飲む、そんなような朝の「作業工程」をやる時間帯をだいたい決めています。
そのようにしていると、手が(身体が)自然と動くようになって、今まで習慣になっていた「朝食を食べる」という選択肢はすっかり頭の中から無くなります。
昼食時に摂る野菜ジュースと飲むヨーグルトはいつも同じ。それが当たり前になると、昼食の事を考えなくなります。
そんな「自己洗脳」ができれば、自ずと「1日1食+野菜ジュース」の食習慣も続いていきます。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


「1日1食+野菜ジュース」の食習慣に限らず、周囲から「協力」を得ることは、とても大切です。例えそれが「協力」ではなく「放置」だったとしても、環境を作ると言う点では成功だと思います(多少寂しいかもしれませんが)。
これは稀かもしれまんが、もし、近くに自分と同じ「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践している人がいたら、ぜひ「共同戦線」を張ると良いです。そうすると、お互いに、この食習慣が続く源泉になると思います。
残念ながら、私の周りに「同志」は未だに現れていません・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング