FC2ブログ

記事一覧

1日1食を告知した時の他人の反応とは?

1日1食と他人の反応

■はじめに


私は、自己紹介をする機会があった時、必ず「1日1食実践者」であることを相手に伝えます。それは、食習慣の違いを先に伝えておかないと、「付き合いが悪い」とか、人間関係にも影響が出てくる場合があると思っているからです。

1日1食については、本やテレビ、ネットなどでも取り上げられてはいますが、やはりまだ一般的なものではありません。

「私はずっと1日1食の生活をやっている」と言うと、必ずこんな反応が返ってきます。

1.まずビックリされる
2.ダイエットをしているのかと聞かれる
3.夜まで本当に腹がもつのかを聞かれる

今回は、こんな「1日1食あるある」を書いてみたいと思います。




■ビックリされる


10人に話すと、まず10人からこの反応があります。
「え~、本当ですか?」
「すごいですね!」
「いつからやってるんですか?」
だいたいこんな反応がベスト3でしょうか。
私にとっては、1日1食はすでに自分の生活習慣の一部ですので、何も思わなくなりましたが、1日3食の人からは、やはり奇異に見えるようですね。
そして必ず「いつから」と言うのは聞かれます。そこで「1年以上」と言うとさらに驚かれます。
もしかしたら、1食しか食べないことと断食とが同じように思われているのかもしれません。

■ダイエットをしているのかと聞かれる


これも良く聞かれます。食べないこととダイエットが同じように思われているのかも知れません。
しかし、私の体型は太り気味の体型ではありませんし、見た目で「ダイエットをしているのか?」と判断するのには無理があるような気もします。
「ダイエットではなく、健康のために1日1食をやっている」と言う話をすると、何となく分かってもらえるようです。

スポンサードリンク


■夜まで本当に腹がもつのかを聞かれる


食べないことは空腹のままであると言うのは、確かにそうですが、私の場合、サプリメントや野菜ジュースなどで、胃に何かは入れていて、厳密に言えば、1日1食ではありません。
空腹感というのは、体内の血糖値が下がることで感じると聞いたことがあります。空腹感を感じさせないよう、最小限の間食や糖分の摂取をすれば、本当に夜まで腹がもちます。
仕事が忙しい時、毎日夜10時頃に夕飯を食べていましたが、主に水分摂取と糖分摂取のおかげで、そんな生活でも大丈夫でした。

■終わりに


1日1食に限らず、多数の人が当たり前にやっている事とは違う事をやっていると、やはり不思議な目で見られる傾向はあります。
「1日1食+野菜ジュース」は他人のために行うのではなく、あくまでも自分のためにやる事。他人の批判や(余計な)助言などは気にせず、「実施した先にある目標」を目指してやっていきたいですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング