記事一覧

1日1食と腹鳴(ふくめい)との関係は?

1日1食とお腹が鳴った時の対応

■はじめに


お腹が「グーッ」と鳴ることを、腹鳴(ふくめい)と言うそうです。これは空腹による胃腸の収縮運動が原因ですが、会議とか静かな場所で鳴ると、確実に他の人に聞こえているようで(たぶん聞こえていますが)、何だか少し恥ずかしいですよね。
腹鳴(ふくめい)は、自分の意思では止められないもので、何も空腹だけが原因ではないようです。
例えば、食事の時に無意識に空気も一緒に飲み込んでいて、胃に空気がたまって起こる「呑気症」、満腹の時に鳴ることもあります。もちろん、何かしら胃腸に問題がある時も腹鳴が起こることがあるでしょう。
ここでは、「空腹時」の腹鳴(ふくめい)についてのみ触れたいと思います。
「1日1食+野菜ジュース」の食習慣にすると、当然、胃に食べたものが入っていない時間が圧倒的多くなりますが、ちょっと周囲の人に対して気になる腹鳴(ふくめい)はどうなるでしょうか。今回も3つのポイントをお伝えしたいと思います。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.夕食を食べるまでの空腹時、腹鳴(ふくめい)はどうなるのか

2.空腹による腹鳴(ふくめい)起こる場合

3.空腹による腹鳴(ふくめい)が起きた時の対応

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■夕食を食べるまでの空腹時、腹鳴(ふくめい)はどうなるのか


結論から言うと、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を継続していると、ほぼ空腹による腹鳴(ふくめい)は発生しません。お腹が空いた、と感じて腹鳴(ふくめい)が発生する夕食前以外、朝や昼には基本的に鳴りません。
もちろん、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を始めた当初は、時々昼間でも「グゥ~」と鳴ることはありましたが、そのうち気にならなくなりました。つまり気になるほどの腹鳴(ふくめい)は発生しなくなったと言うことです。
もしかしたら気が図太くなって、気にしなくなったのかもしれませんが。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■空腹による腹鳴(ふくめい)起こる場合


先ほど、「朝も昼には基本的に鳴りません」とお伝えしましたが、実は空腹によって鳴るパターンがあります。それは「前日、例外的に昼食を食べた時」です。
実は・・・昨日、私の住んでいる近所でお祭りがあり、子供たちと一緒に昼食として焼きそばやたこ焼きなどを食べてしまいました。それも少し多めに。こういうケースは、私にとっては「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けていく上での「例外対応」としています。
今日も、いつものように昼食として野菜ジュースと飲むヨーグルトを摂取しました。そして、午後に会議がありましたが、いつものように臨みました。会議が始まった間も無く、腹鳴(ふくめい)が始まっていまいました。たぶん、会議参加者全員に聞こえていたと思います。
確かに、前日、胃が少しもたれるくらいに食べはしましたが、胃腸の調子が悪い訳ではなかったので、この腹鳴(ふくめい)は、まぎれもなく空腹感によるものだと思います。
以前にも、同じようなことがあり、その時は普通にデスクワークをしていたのですが、「絶対周りに聞こえている!」と恥ずかしくなりました。その時も前日が日曜日で、昼食を食べていました。
ちなみに、「例外」として休日に昼食を食べると、ほとんどの場合、眠くなります。身体がいつもと違う事に対応するために、そのような反応になるのではないかと思います。

スポンサードリンク


■空腹による腹鳴(ふくめい)が起きた時の対応


上の例では、会議の場なので、空腹による腹鳴(ふくめい)が起きても、どうしようもありません。身体が空腹感に反応しなくなるのを待つしかありません。
その他の、自分で何か対応できるような有余がある場合には、ほんの少しだけ糖分、しかも砂糖やジュースではなく、黒砂糖を甘味料としたもの、例えば黒砂糖入りの紅茶ですとか、黒砂糖の欠片を摂るようにすると、低くなった血糖値を一時的に上げることができますので、空腹による腹鳴(ふくめい)は解消されます。
または、少しだけ炭水化物を摂る、白米やパンなど、も空腹による腹鳴(ふくめい)を解消方法にもなります。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


今回、1時間の予定の会議が、延びに延びて2時間半にも及びました。そんなに時間もかからないと思ってペットボトルのお茶なども持って臨まなかったので、最初、腹鳴(ふくめい)が始まった時にはどうしようかと思いました。会議メンバーは誰1人として私が「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践しているのを知りませんでしたし。
しかし、そのうち気にならなくなって本当に良かったです。あのままお腹が「グーグー」鳴っていたら、そのうち誰かに「体調大丈夫ですか?」のような事を言われていたかもしれませんね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング