FC2ブログ

記事一覧

1日1食と運動前の食事の重要性とは?

1日1食と運動前の食事の重要性

■はじめに


私は、もう始めて10年以上になりますが、運動(スポーツ)として、競技ボウリングをしています。
競技ボウリング・・・普通のボウリングと何が違うかと言いますと、簡単に言えば「本格的にやっている」でしょうか。自分の道具(ボールやシューズ)も揃え、現在は月に3回程度ですが、試合にも出ています。また、1人でボウリング場に行って練習もします。
ボウリングによるカロリー消費量は1ゲーム当たり約50キロカロリーくらいだそうです。練習ではもっとゲーム数を投げますが、試合ではだいたい3~4ゲームで争います。そうなると1試合当たりに消費するカロリーは150~200キロカロリー、これはウォーキングのエネルギー消費量に換算すると、だいたい1時間半くらいウォーキングをするのと同じくらいのようです。
球技の中で、一番重いボールを扱うボウリング、意外にエネルギー消費をするのですね。

先日、ボウリングの試合に出た時、いつもであれば「例外」として、しっかり昼食を摂って臨むのですが、うっかり通常の「昼食」、
・野菜ジュース
・飲むヨーグルト
だけにしてしまいました。
このような状態で運動(スポーツ)をして、いったどうなったでしょうか?今回も3つのコンテンツをお伝えします。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


【コンテンツ】


1.あわててエネルギーを入れてみた

2.試合後の恒例の「反省会」でのこと

3.帰宅時に自身が出した「シグナル」

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク



■あわててエネルギーを入れてみた


先日出場した試合は、毎月1回開催されるもので、もう何十年と続いているグループのものです。試合時間は18時半から。以前は試合前に夕食を食べるような時間があったのですが、現在はギリギリ間に合うような感じです。
試合時間の開始から15分、練習時間がありますので、開始時間ギリギリについても、何とか準備ができます。その時、とりあえずのエネルギー補充として、来る前に買っておいた、手軽に食べられるパンとカロリーメイトゼリーを胃に流し込みました。
しかし、食べてすぐにエネルギーにはなりませんし、ボウリングで身体を動かし始めるとエネルギー消費も始まります。この試合は4ゲーム戦なので、空腹のまま、1時間半近くウォーキングをするような「苦行」が始まってしまいました。
結局エネルギー不足の状態となり、ボウリングに重要な集中力を欠き、結果は惨憺たるものでした・・・。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■試合後の恒例の「反省会」でのこと


これも、もう何十年と続いているらしのですが、この試合が終わると、必ず居酒屋での「反省会(飲み会)」があります。別に何か反省するのではなく、今回の順位を発表したり、ボウリングの話に花が咲いたり。元々「職場のボウリング大会」から派生したらしいのですが、そのためか、ここで仕事の話をするのは一切NGです。
私は「1日1食+野菜ジュース」の食習慣で、夕食は何でもOK、もちろん飲み会もOKにしているので、気兼ねなく参加しています。
私は少ししか食べないなかで運動(スポーツ)をしたので、すっかりお腹が空いてしまいました。当然居酒屋ですので、「酒」と「会話」がメインになります。できるだけ食べる物を多く摂るようにしましたが、身体がいつも以上にアルコールからエネルギーを摂取しようとしたのか、何だか早めに酔ってしまいました。

スポンサードリンク


■帰宅時に自身が出した「シグナル」


反省会(飲み会)は2時間ほどでお開きになります。私はそこから50分くらい、電車を乗り継いで帰ります。
最寄りの駅を降りると近くにコンビニがあるのですが、反省会(飲み会)で摂取したエネルギーではどうも足りないらしく、自然にコンビニに足が向き、蕎麦とサラダ、それから飲み物と、軽く1食分くらいのものを買ってしまいました。

<<おすすめの野菜ジュース>>

送料無料!【このサイズで一日分の野菜350g分!】カゴメ野菜一日これ一本超濃縮シリーズ各種125ml!選べる3ケース(72本)


■終わりに


翌日の酔い覚めなどは問題ありませんでしたが、夕食と夜食、2食を食べた形になると、お通じが変わります。もちろん酒を飲んだことも影響していると思いますが、回数も増え、「質」も良くないです。
「1日1食+野菜ジュース」の食習慣は、このように食事を取るタイミングを逸すると、もちろんその時にどんな行動をするのかにもよりますが、自身の身体がそれをカバーするような反応になるようです。
食べることも計画性を持ってやらないといけませんね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

Sinjin

Author:Sinjin
【ダイエットライフアドバイザー】
体重の増加や健康診断結果の悪化、体調の変化などがきっかけとなり、主に健康向上効果を求めて「1日1食」の食習慣を2016年3月より開始。
その後、昼食時間に野菜ジュースを摂取することが空腹感の軽減や栄養補給面、さらには胃腸の調子の保持などに有効であると実感し、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣として実践中。
1965年生まれ。2児の父親。
IT系会社に勤務するサラリーマン。

免責事項
当ブログは、書籍などから1日1食やダイエット、アンチエイジング、健康などに関する情報を一部参考にはしていますが、主に自身の実践に基づく成果や結果、または見解などをお伝えしています。
効果には個人差がありますので、必ずしも記事に記載した内容と同様の効果があるとは保証できません。
記事内容の実践は自己責任の下でお願いします。

amazonサーチ

AD

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 健康ブログ 1日1食・1日2食健康法へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代男性のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキング